新横浜の精神科ブログ | しんよこメンタルクリニック|精神科・心療内科【新横浜駅徒歩1分】 デイケア・在宅医療(往診・訪問診療・訪問看護)

しんよこメンタルクリニック

ブログ

2018年12月19日 [精神科 新横浜]

精神科が増えている理由

ストレス社会の中、新横浜にもメンタルクリニックなどが増えていて、それはうつ病などの心の病を抱える患者数が年々増えているからです。
日本ではアメリカなどの海外と比べると、どうしても精神科で診てもらうことに拒否反応を起こす人が多く、ストレスという言葉が一般的になり、ようやく利用しやすくなってきました。
心の病気は、脳内で機能的なトラブルが起こって、神経伝達物質の分泌量のバランスが崩れている状態です。
そのため、仕事や勉強にやる気が起こらなくなったり、夜に寝られない症状が出たりします。
私は比較的ストレスに強い方だと自分では思っていますが、それでも人間関係や仕事で大きなトラブルが起きると、しばらく不眠が続き体調を崩すことがあり、特に最近の新入社員はストレスに弱いようで、病気でもないのに平気で会社を休むケースが多くみられます。
一時的なストレスであれば、時間が過ぎれば解決できますが、慢性的に心に問題を抱えてしまうと、精神科などで治療を受けなければ大変な事態を招くこともあるので、私を含めてストレスに弱い若者を指導する立場にある人間は、しっかり部下の悩みに寄り添って、適切な対応をしてあげることも必要になります。

突然のパニック障害


もちろん多少のストレスはあると思いますが、人前で緊張することもほとんどなくて、悩みという悩みがないのに、パニック障害になってしまいました。
はじめは急に動機がしだして息ができなくなり、その場で倒れて知らない人に救急車を呼んでもらって精神科で診てもらって、病気が発覚しました。
その後新横浜のメンタルクリニックで診てもらうようになり、最近では先生のお陰でしばらく症状も出ていません。
今後もお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop

  • Twitter
  • facebook